ホーム>プリザーブドフラワーの保存方法

プリザーブドフラワーの保存方法

プリザーブドフラワーの保存方法

水を与えずとも美しさが持続するプリザーブドフラワーですが、最適な保存方法を理解しておくことでより美しさを保ち続けることが可能になります。こちらでは、プリザーブドフラワーを使用したアレンジメントやアクセサリー、ブーケなどをご自宅で保管する際に、お役立ていただける保存方法をご紹介します。

日頃から手入れを行おう

日頃から手入れを行おう

プリザーブドフラワーを飾ったままにしていると、ホコリなどの汚れが付着してしまいます。汚れは、見た目を悪くするだけでなく、時間が経つことで取れにくくなるものです。プリザーブドフラワー本来の美しさを保つ為には、日頃のお手入れが欠かせません。プリザーブドフラワーはとても繊細なお花ですので、お手入れは丁寧に行うのがポイントになります。

チークブラシなどの毛先が柔らかいもので、優しく汚れを取り除いてあげましょう。定期的なお手入れが難しいというときには、汚れを防ぐのにガラスケースなどのケースを利用するのがおすすめです。フラワーボックスとして楽しむことができます。

湿気の多い場所には飾らない

湿気の多い場所には飾らない

プリザーブドフラワーは湿気を嫌いますので、浴室やトイレなどの湿気の多い場所は避けると良いでしょう。湿気は、プリザーブドフラワーの劣化を早めて、色あせや変色を引き起こす原因となります。湿気は大敵ですので、飾るときにはなるべく風通しの良い場所を選ぶことがポイントです。

直射日光が当たる場所は避ける

直射日光が当たる場所は避ける

日の当たる窓際にプリザーブドフラワーを飾っている方も多いですが、窓際は直射日光が当たる場所ですので注意が必要になります。直射日光は、湿気同様に劣化を早めてしまい、色あせや変色の原因となります。プリザーブドフラワーの美しさを長く楽しむ為にも、日の直接当たる場所を避けて選びましょう。

プリザーブドフラワーの美しさを保つポイントをご紹介しました。
フラワースタジオノエルの通販では、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーを使ったフラワーアレンジメントを取り扱っております。ウェディングのブーケから、ギフト向けのアレンジまで、バリエーション豊富にご用意していますので、誕生日や母の日などの特別なイベントのプレゼントにご利用ください。また、静岡には実店舗も構えております。